HOME > 採用情報 > エンサイシストたち

エンサイシストたち

マーケティング・セールス/セールス&マーケティング
Aさん

プロフィール:大手製薬企業MR、業務・ITコンサルティング企業、外資系コンサルティング企業、医薬品情報企業を経て、2012年11月にエンサイスへ。趣味はサッカー。

「販売データ活用」が拓く新たな可能性に自分の成長を重ねる。

エンサイスの魅力は、しっかりとした「コア事業がある」ことと「企業として若い」ことです。製薬企業の営業活動を効率化するという課題に対し、計画自体はできても、計画を検証するためのFACTとなるデータが必要です。そのFACTを持っていることが当社の大きな強みであり、ビジネスのコアとなっています。企業としての若さとは、すなわち自由さ。成長企業らしく、やりたいことができるという恵まれた環境の中で、毎日充実した会社生活を送っています。
私の仕事は、データ&サービスの企画立案と営業です。企画立案だけでもなく、売りっぱなしでもない、企画立案から販売・アフターに至るまで、幅広い範囲で裁量を発揮でき、責任を全うできるのがこの仕事の最大の魅力です。こだわりは、アウトプットの際に必ず「3C」の確認をすること。顧客、競合、自社それぞれの立場で見つめ直し、お互いがwin-winになる提案かどうかを検証します。 これまでに私は、エンサイスで前例のなかった事業開発(データ&サービスの開発)を進めてきました。成果を出してお客様に喜んでいただけたこともある一方、勉強不足と言われたこともあります。特に後者は永遠の課題であり、これを乗り越えていく先に、「真の価値を提供できる人材」というゴールがあると考えています。
もし、あなたが医薬品業界で問題意識を持ちながら業務に従事し、その問題に対し、自分なりにアプローチしてきたなら、ぜひ、エンサイスの門を叩いてください。これまでデータ活用ができず、あきらめていたことも多々あったかと思います。そのような状況を、私たちとともに打開していきましょう。

システムエンジニア/システム開発
Bさん

プロフィール:前職は製薬企業、医薬品事業部システム主担当。2012年12月入社。趣味は映画鑑賞。ヘリコプターライセンスを保有。

「感謝」「お礼」「恩返し」を大切にする職場でやりがいを持って働ける。

ある製薬企業に就職し社内システムを手掛けてきましたが、外資企業に吸収合併され、職場の環境が大きく変わってしまいました。もっと自分の知識・技術を発揮できる環境に身を置きたいと思い、紹介してもらった会社がエンサイスでした。専門性の高いデータサービス会社なのに、「感謝」「お礼」「恩返し」といった人の道を大切にする経営方針が魅力的で、面接していただいた方の腰の低さや言動にも大変感銘を受けました。
私はいま、エンサイスのシステム全般に関わっています。インフラ構築から整備運用、稼働するシステムの運用管理などのほか、新たな案件の構築・導入、セキュリティやガバナンスまで手掛けています。設立から数年しか経っていない会社ですから、ルールなどがまだ決まっていない領域もあり、やるべきことが山積みです。業務量が多くて忙しいのですが、仕事を「苦」と感じたことはありません。「苦」に感じると「心労」になりますが、エンサイスでは、多くの「やるべきこと」の多くが、そのまま「やりがい」につながっています。これも、感謝や恩返しを大切にする社風に助けられているのかもしれません。
仕事で大切にしている心がけは2つ。どんな仕事でも「つねに最悪のケースを想定して行動する」ことと、もうひとつは勉強ですね。システムの分野に携わっているので勉強は必須です。10年前の知識では太刀打ちできません。新たな動向を把握するため、IT関連の情報を収集するのはもちろんのこと、最新のテクノロジーを自ら体験してみることも必要です。システムエンジニアの皆さん、ぜひエンサイスで多くの経験をしてください。仕事は大変ですが、人として成長できます。