Museum医薬品卸 史料館 明治・大正時代

English

明治・大正時代

新時代の幕開け

明治政府は、明治7年(1874)「医制」を発布、この中で政府は「西洋医学に基づく医学教育の確立」「近代的な薬剤師制度の設定」「医薬分業制度の整備」などの方針を明記しました。
薬事関連では、特別な効果の検証なく売られてきた売薬の規制を行い、薬品の基準となる「日本薬局方」を作成しました。続いて明治22年(1889)には「薬品営業並薬品取扱規則(いわゆる「薬律」)」の中で、薬剤師、薬種商、製薬者、薬品取扱を法制化して近代的薬事制度の基を築きました。

第一次世界大戦と製薬

西洋医学の進展には、正しい薬学知識に基づく西洋薬の流通もまた不可欠であり、この時代に薬剤師または薬種商として起業した多くの企業が、現在の医薬品卸の基盤となっています。
製薬事業が日本に確立したのは、第一次世界大戦への参戦が契機。第一次世界大戦参戦により西洋薬のドイツからの物資輸入がストップし、供給面で深刻な影響が現れました。そこで政府は西洋薬自給のため、臨時製薬部の設置、製法の公表、民間企業への補助金交付、ドイツ所有の特許権消滅などの方策により、新薬の国産化を大きく前進させていきました。

明治・大正時代 年表

  • 薬学・薬事
  • 社会
1868 明治元年
新政府が西洋医学の採用を宣言
明治改元
1869 明治2
 
東京遷都
1871 明治4
 
廃藩置県
1872 明治5
 
学制発布 鉄道開通
1873 明治6
東京医学校に製薬学科を設置
 
1874 明治7
東京に司薬場(輸入薬の検査場)を設置 「医制」発布
 
1877 明治10
売薬規則の公布
 
1880 明治13
日本薬学会創立
 
1885 明治18
長井長義エフェドリンを発見
初代総理大臣に伊藤博文就任
1886 明治19
第1版日本薬局方の公布
 
1889 明治22
薬品営業並薬品取扱規則(薬律)の公布 薬剤師試験規則の制定
大日本帝国憲法発布
1890 明治23
 
第1回総選挙
1893 明治26
日本薬剤師会創立
 
1894 明治27
高峰譲吉タカヂアスターゼを発見
日清戦争(~1895)
1896 明治29
大阪製薬株式会社創業
 
1898 明治31
大阪製薬、大日本製薬会社を吸収合併
 
1904 明治37
日露戦争(~1905)
 
1910 明治43
鈴木梅太郎オリザニン(ビタミン)を発見
 
1914 大正3
医薬品の輸入途絶、輸出禁止 東京・大阪に臨時製薬部を設置
第一次世界大戦(~1918)
1915 大正4
染料・医薬品製造奨励法の公布
 
1918 大正7
 
米価騰貴による米騒動
1920 大正9
 
国際連盟発足 戦後恐慌の開始
1922 大正11
健康保険法を公布
 
1923 大正12
 
関東大震災発生

参考文献:くすりのまち道修町(道修町資料保存会)
卸薬業五十五年のあゆみ(社団法人日本医薬品卸売業連合会)
概説薬の歴史(天野宏 薬事日報社)
日本医薬品産業史(日本薬史学会編 薬事日報社)
各社社史

医薬品卸 史料館

卸の歴史と発展

医療社会の発展を支えてきた
医療品流通の歴史をたどり
その役割などをご紹介します。

For the Next Generation. For the Patients.
ページトップへ